IMG_20200218_133408

岡山県の中でも倉敷市は、うどん文化圏のようです。瀬戸内海を隔てて向かいが「うどん県」であることと無関係ではないでしょう。
倉敷市亀島にある「なか浦」はその中でも有名店の1つ。どこにも店名が出ていないのでわかりにくいのですが、広い駐車場が昼時となると満杯となるほど。
お店にはどこにも店名が出ていません。
IMG_20200218_135203

メニューはこちら。
ざるうどん・ゆだめうどん・天ざるうどん・かけうどんといったところがメイン。
どうも1番人気は290円の「ざるうどん」のようで、2人組のお客さんがとりあえず「ざるうどん」を頼んでから、それぞれの他のうどんを頼むという光景が当たり前のように繰り広げられていました。
それを知らずに我々は逃してしまったのですが・・・
IMG_20200218_133142
IMG_20200218_133005

私が頼んだのは「ゆだめうどん」。
釜揚げとは違って、一度茹でた麺をお湯にもどして提供されているようです。
シンプルにツユとネギ、ショウガ、そしてレモンでいただきます。レモンは初めて見ました。
ツユは醤油辛いことがなく、出汁が効いていて旨いです。
IMG_20200218_133408

うどんもけっして固いわけではなく、コシがあり、塩気もほどほど。
小麦の風味がしっかりとしており、うどん自体がしっかりと旨い。麺料理はやはり麺が美味しくなければいけないと思うので本当に嬉しい味でした。
IMG_20200218_133542



関連ランキング:うどん | 常盤駅水島駅栄駅


関連記事