このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_2575

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

7/14に発売された、BenQの27型アイケアディスプレイ「EW2770QZ」をモニターとしてお借りして使用させていただいています。
この「EW2770QZ」は、様々な照明環境で目の疲れを軽減するためのテクノロジーが満載。
寝ている時以外は、スマホやパソコンなど常に何らかの液晶画面を眺めているのが珍しくない昨今、眼に優しいディスプレイというのは本当に助かります。
それも、画像編集やネットサーフィン、動画視聴と様々な用途に応じて最適な利用環境を作り出してくれるんですから、もう全部のディスプレイがこれになってくれないかなぁ。

もちろん高性能ディスプレイである「EW2770QZ」


IMG_2573

アイケアに対する高い能力をもつ「EW2770QZ」ですが、もちろんディスプレイとしての基本性能も高いものがあります。

まず、見た目。縁がとても薄い「ウルトラスリムベゼル」で、スタイリッシュな印象です。
IMG_2577

ディスプレイは、デザイン業務などにも耐えうる27型で 2,560×1,440ドットのIPSパネル。
色域カバー率は100%sのRGBとRec.709、正確かつ一貫性のある色が確保されているので、思った通りの色表現が可能になります。
約1677万色を同時にレンダリングできるため、グラデーションも非常に滑らかに再現できるんだそう。閲覧環境としても作業環境としても素晴らしいですね。
また、本来のビデオ源の画素密度を引き上げる「スーパーレゾリューション」という驚きの機能もあります。
IMG_2576

入力端子は、HDMI1.4が2つ、 DisplayPort1.2 が1つ、イヤホンジャックとなっています。
また、2Wのスピーカーも2つ内蔵されていますので、ディスプレイだけで動画の視聴を楽しむことができます。
IMG_2585

BenQ 27型アイケアディスプレイEW2770QZ | BenQ Japan

目への優しさにこだわったディスプレイ「EW2770QZ」


BenQの27型アイケアディスプレイ「EW2770QZ」は、ブライトネスインテリジェンスPlus (B.I.+: Brightness Intelligence Plus)技術を搭載しています。
これは、周辺光センサーが視聴環境の周辺光レベルと色温度を検出し、画面上の明るさと色温度を自動で調整して、最適な視聴環境を生み出すというもの。
IMG_2586

公式サイトにはそのデモ映像が用意されていますが、端的に言えば朝昼夕、差し込んでくる陽光に合わせてディスプレイ自身が光具合を調整してくれるのです。賢すぎるでしょ。

BenQ 27型アイケアディスプレイEW2770QZ | BenQ Japan
アンビエント照明(室内の環境照明)や色温度の変化をディスプレイ正面のセンサーが読み取り、より目に優しい心地よい環境を提供するために自動的にディスプレイに表示されたコンテンツの輝度および色温度をバランスよく調整します。

室内環境照明がナチュラルやウォーム/電球色の場合、ディスプレイのLEDライトが暖色系の黄ホワイトに発光し、逆に、昼光色(クールな照明で青白い光の蛍光灯などを活用している)の場合は、寒色系青みを帯びた白にLEDライトが発光されます。
少し手間かもしれませんが、用途によって画像モードを切り替えるのが、目に優しくするコツ。
IMG_2578

また、「ブルーライト軽減」モード(マルチメディア、ウェブサーフィン、オフィス、閲覧)は、利用シーンに応じブルーライトを遮断して、目が受ける疲労や刺激を効果的に軽減してくれます。
動画を見る時はマルチメディア、Webページを閲覧するならウェブサーフィンといったモードに。
なお、このモードは画面右下の裏側にある物理ボタンによって行います。
IMG_2579

「フリッカーフリー」というテクノロジーも、長時間ディスプレイを見ることを可能にしています。
フリッカーとは「ちらつき」のこと。
これが目の健康どころか、肩こりや頭痛の原因になるんだそうで、これは通常に目に見えないこともありますので、知らない間にダメージを負っているということになります。
EW2770QZでは、バックライトのフリッカーを効果的に取り除いており、そんな目への負担を大きく軽減することが可能となっています。

大きな画面でも、実は一部分だけを見て作業しているということは多いはず。
そんな時は「スマートフォーカス」機能を利用すると良いかも。
一部だけがハイライトされることで、集中しやすくなります。ハイライトする範囲は調整可能です。
IMG_2583


実際に「EW2770QZ」で動画を見てみよう


IMG_2584
IMG_2566

写真だとわかりにくいのですが、実際画面の光具合が結構変わっていて、見やすいなという印象でした。
下のMacと比べると色合いの違いはお分かりになるかと思います。
見た動画はこちらです。



設定でいうと、B.I.+をオンにしつつ、ブルーライト軽減モードを「マルチメディア」にしておくと見やすい気がします。
IMG_2581

狭い部屋で大画面というひと昔ならオカンから怒られること必至の視聴環境ですし、目へ配慮なんて今までそれほど考えて来なかった私です。
大きなディスプレイって目が疲れやすいイメージがあったんですが、時間を問わず目に優しい光を放つEW2770QZを使っていると、長時間作業をしていても目の奥が熱くなるような疲れを感じにくいように思いました。もちろん、適度な休憩を入れることは必須ですけど!

ディスプレイ側が、目を労ってくれるなんて最高すぎますね!

EW2770Q販売店リスト


Amazon | BenQ モニター ディスプレイ EW2770QZ 27インチ/WQHD/ウルトラスリムベゼル/Displayport, HDMI端子 通販
e-TREND|BenQ BenQ LCD EW2770QZ [ブルーライトインテリジェンスPlus搭載27型液晶ディスプレイ]
ベンキュー ブルーライトインテリジェンスPlus搭載 フリッカーフリー ブルーライト軽減 27型 2560x1440(WQHD) 液晶ディスプレイ EW2770QZ - NTT-X Store
EW2770QZ 《送料無料》 - ハードウェア::モニタ::液晶 - 自作PC・PCパーツが豊富!PC専門店【TSUKUMO】
BenQ ブルーライトインテリジェンスPlus搭載 フリッカーフリー ブルーライト軽減 27型 2560(EW2770QZ) |ドスパラ通販【公式】

なお、現在「BenQアンバサダープログラム」ではBenQ製品の魅力をブログやSNSなどで、より多くの人に情報発信する方を募集しています。
BenQ製品に興味がある方はぜひ、ご登録を!
BenQアンバサダープログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加